2006年06月23日

腎結石や胆石溶かす効果あるたんぽぽ

著書に「よろず医者いらず」(新潮社)など健康・医学分野で執筆中の旭利彦さんが、夕刊フジBLOGで、「タンポポコーヒー」について、書かれている。

「タンポポコーヒーの腎結石改善効果に注目したのは、鳥取県鳥取市の健康茶メーカーの社長だった。」

鳥取市の健康茶メーカーなら、ファイナールが有名だが、そこのことだろうか。

旭利彦さんによると、今から20年ほど前、東京の薬学博士が、タンポポの煎じ汁による腎結石や胆石を溶かす効果を明らかにしたという。

薬学博士によると、タンポポは利尿作用があることから腎臓疾患、胆汁分泌作用があることから肝臓疾患の改善効果があり、腎結石や胆石を溶かす上に、石の摘出手術後の回復も早いというもの。

これに注目したのが、そのメーカー社長。

タンポポについて調べて見ると、面白い事実にぶつかったのだった。

しばらく旭利彦さんの言葉を借りてみよう。

「なんでも、ヨーロッパでは昔からタンポポの根をコーヒーのようにして、乾燥、焙煎して飲んでいた。」

「さらに、ベトナム戦争のころのアメリカでは、ヒッピーたちが自然回帰のムーブメントの中、タンポポコーヒーを好んで飲んでいたこともわかった。」

そんな隠れていたコーヒー裏面史まで光が当てられたが、今で言うロハスか。

そこで、では、なぜタンポポに腎結石をはじめとするさまざまな病気の改善に効果があるのか。

薬草の専門家によると、タンポポの苦み成分である「タラキサステロール」とか「タラキサンチン」というものが有効なのだという。

それが、何なのか、よく分からないが、とにかくタンポポコーヒーには腎結石改善の効果があるということらしい。

タンポポコーヒーは体にいい健康飲料だということは分かった。

お求めはこちら。
posted by ロハス楽エン at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | たんぽぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19705842

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。