2006年06月20日

コーヒー5杯で流産は2倍?

妊婦初期(3カ月以内)に、1日に5杯以上のコーヒーを飲む女性は、流産を起こす割合が2倍に高まる、と言われているという話を聞いたことがあります。

そのため、イギリスの食品基準局は、「妊婦はカフェインの摂取量を1日300mg以下に制限するように」と御達しがあったと聞いています。

日本の厚生労働省や農林水産省がそうしたことを発表したとは聞いていませんが、カフェインは取りすぎるのは良くないようです。

カフェインは1日に100〜299mg摂取しても、摂取していない人に比べ、流産の割合は1.3倍とも、いわれていますので、コーヒーを飲むなら、なるべくならノンカフェインコーヒーを飲まれることをお勧めします。

このカフェインには、カルシウムの吸収を阻害したり、胎児発育に影響を与えて、低体重児の出産に関連することも噂されています。

妊婦のお母さんは、くれぐれもコーヒーやカフェインが含有されている緑茶、紅茶はもとより、ソフトドリンクにも注意を払ってもらいたいと思います。

そこで、お勧めは「タンポポコーヒー」です。

カフェインはゼロで、安心安全なコーヒーです。

出産後の母乳の出もよくなると、もっぱらの評判です。

お求めはこちら楽エン本舗で。

まるものタンポポコーヒー。ロハスです。
posted by ロハス楽エン at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | タンポポコーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。