2006年07月07日

タンポポの根は慢性の肝臓病に効く

消炎作用がシクシクした胃潰瘍のいたみを止め、余分なものを体外から出す力が強いタンポポの根は、慢性の肝臓病に効きます。

そのゆえ、水ぶくれ、むくみが消えて、体が軽くなります。

目の炎症の洗眼に使うのは、殺菌作用が強いからです。

漢方調剤に多様される「蒲公英」は、黄疸傾向の肝炎、胃炎、喉の腫れ、小便づまり、便秘、結石、ゼンソク、心臓、男女の生殖力増強などに利用されています。

これを毒っぽい体質に改善し、きれいな血液がふつふつとたぎって、房中に強くなると言われています。

女性の場合は常用すれば子宮諸病の治りが早まるようです。

肝臓の護衛官とも言われ、肝炎、黄疸が治まり、胆汁の分泌を盛んにする肝臓に味方です。

肥満歴、高血圧歴が長い患者さんには、朗報。

肝臓の脂肪変化性を防ぐビタミンである「コリン」の絶対量が不足するため、タンポポの根は有効です。

タンポポの根にはコリンがたくさんあって、肝臓に溜まった脂肪を溶かすからです。

催乳作用があるタンポポの根は、母乳の出が悪いお母さんには、是非お勧めです。

お求めはこちら。
posted by ロハス楽エン at 15:26| Comment(0) | TrackBack(1) | たんぽぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。